HK CINEMA LABO 映画と猫。ときどき雑記帳

映画ときどき猫。音楽、パソコン、趣味

ハッピー・ブラザー/家有[喜喜]事

STORY

常家の長男・常滿(レイモンド・ウォン)は良くできた優しい妻(サンドラ・ン)がいながら、愛人との不倫を楽しんでいる。ある日、それを知った妻が家出してしまうと、なんと彼は愛人を家に呼び、堂々と一緒に暮らし始めた。女っぽい二男の常騒(レスリー・チャン)は家出した兄嫁の心配ばかりをして、男勝りの叔母モウとはケンカばかり。ラジオのDJをしている三男・常歡(チャウ・シンチー)は能天気なプレイボーイで、番組にリクエスト電話をかけてきた女の子・荷李玉(マギー・チャン)を東京まで追いかけて口説き落とすが、すぐに別の女の子に目移りしてしまい…

REVIEW

レスリー・チャンチャウ・シンチーマギー・チャンなど、おいしい俳優がでている、’92の正月ドタバタコメディ映画。

いや~笑った、笑った。さすが旧正月映画です。チャウ・シンチーが弾けまくっているのはモチロン、マギー・チャンが若~い。きっと今はもうこんな役してくれないだろうな~・・・マギー。

そしてレスリー・チャンは地でいっているのか?オカマ役炸裂!!上手すぎです・・・

そのレスリーテレサ・モウの掛け合いもなかなかに面白い。

シンチーが記憶を失ってからの展開は最高だったなぁ・・・おかげでマギーはエライ目にあっていたよ・・・

ストーリーもメリハリがあって、兄弟のストーリーを上手く交差させて作り上げています。妻役のサンドラがイイ女風に変わって行く所も楽しかった。「女は男次第で変わるのよ」なんて言いたくなったよ。

テレサ・モウはホントこういう役上手い人だなーと思った。そしてなんと言っても三兄弟の両親の掛け合いが最高です。笑いが足りない人にはお勧めです。

続編「ラッキーファミリー」は本作と比べ物足りないから残念ですが、チャウ・シンチー好きな方は観てみては?(でもレスリーは声だけの出演だったような気がする・・・)

あと、最後のお楽しみはエンドロールのNG集。明星達の素の表情が見れて結構楽しめます。しかしシンチー舌長っ!!

1992/香港

監督- 高志森(クリントン・コウ)

出演-張國榮レスリー・チャン)/周星馳チャウ・シンチー)/張曼玉マギー・チャン)/呉君如(サンドラ・ン)/毛舜[竹/均](テレサ・モウ)/黄百鳴(レイモンド・ウォン)